学校紹介

卒業生からのメッセージ

何事にもチャレンジ
礪波有里子(平成28年卒業 上越教育大学)

 私は、中学校時代、勉強が大嫌いで、部活にばかり熱中していました。しかし高校に入学する際、ふと、勉強もやってみようと思いました。勉強についていけるか不安でしたが、分からないことを気軽に先生に質問できる雰囲気でした。疑問に思ったことは何でも質問して、そのことについてたくさん議論しました。こんな風に学んだことは初めてで、学ぶことが楽しくなってきました。
 高校生活、悩んだこともありました。そんな時、もっと頑張れと喝を入れてくれる先生や、一緒に立ち止まって考えてくれる先生がいました。上越高校には素晴らしい先生がいます。時にはくだらない話にも付き合って頂き、教科書を超えたこともたくさん教えて頂きました。そんな先生方の様子を見て、私は教育についての勉強をしたいと思い、教育大学に進学しました。中学生のときには、自分が大学に行くなんて思っていませんでしたが、高校3年間を過ごしてみたら、大学に行きたいと思うようになりました。皆さんも、上越高校で新しいことにチャレンジしてみてください。きっと何かが変わるはず。

最初は不安でも大丈夫
吉岡穂香(平成28年度卒業 新潟県立看護大学)

 私は3年間特進コースに在籍し、日々勉強に励んできました。入学当初は明確な目標もなく、周りについていけるか、3年間やっていけるかと、とても不安でした。授業内容がなかなか理解できなかったり、成績が思うように伸びなかったりと苦労しましたが、担任の先生や各教科の先生方、またクラスの友人たちの支えのおかげで、乗り越えることができました。
 3年次の受験期には英語や小論文試験の対策、面接練習などで、未熟な私のために多くの先生方が丁寧に指導してくださいました。また、精神的に参ってしまい、挫折しそうになった時には、親身になって悩みを聞いたり励ましたりしてくださいました。その支えのおかげで第一志望に合格することができました。先生方にはとても感謝しています。
 中学生のみなさん、最初は不安や迷いがたくさんあるかもしれませんが、上越高校には親身になって生徒を支えてくださる先生方が、たくさんいます。支えてくれる仲間もいます。高校生活の中で自分の目標を見つけ、希望する進路を実現させてください。

勉強も部活動も全力で
石平海都 (平成27年度卒業 新潟大学)

 私は、特進コースに在籍しながら野球部に所属し、勉強と部活の両立を目指していました。野球部では、技術面をだけでなく、礼儀や挨拶、一人の人間としての社会でのあり方など、多くのことを教えていただきました。残念ながら目標の甲子園には出場できませんでしたが、多くの先生方に支えていただき、春季大会ではベスト4まで勝ち進むことが出来ました。
 特進コースには、日々の授業に加え土曜講座や勉強合宿など集中して学習できる環境があります。この環境を生かすかどうかは自分次第です。同じ志を持った仲間と、丁寧に指導してくださる先生と一緒に目標に向かって頑張れたことが進路実現につながったと思っています。
 中学生のみなさん、上越高校でたくさんの人と出会い、多くの経験を積んで、自分のスタイルを見つけて下さい。そして、進路実現に向け充実した高校生活を送ってください。

同じ目標を持つ仲間と一緒に
大谷絢音 (平成27年度卒業 新潟県立看護大学)

 私は大学進学を目指して、上越高校の特進コースへ進みました。特進コースへ進んだものの、大学へ行きたいという思いだけで、何をやりたいかは明確に決まっていませんでした。そこで、三年間気を抜くことなく、授業に真剣に取り組んでいくことを目標に掲げました。上手くいかないこともありましたが、強い意志を持って努力を続け、同じ目標を持つ仲間とお互いを高め合いながら切磋琢磨する中で、進路実現への意識を高めることができました。さらに、入試に向けて面接練習や英語、小論文などたくさんの先生方から丁寧なご指導をいただき、新潟県立看護大学へ合格することができました。本当に感謝しています。
 中学生の皆さん、高校生活は漠然と過ごすのではなく、体育祭や文化祭などの学校行事や部活動に積極的に取り組んで下さい。目標や強い意志を持って取り組むことが三年後の進路実現につながります。努力すれば結果は必ずついてきます。ぜひ、上越高校で自分の希望する進路を実現してください。

自分の未来のために
猪又 彬 (平成26年度 明治大学)

 私は大学へ進学することを目標に、上越高校の特進コースを選びました。上越高校の特進コースでは、日々の授業に加えて土曜講座や勉強合宿など、進んで学びたいと思う生徒に集中して学習できる環境を与えてくれます。上越高校には、同じような目標を持った生徒、その目標を実現するために丁寧な指導をしてくださる先生が数多くいらっしゃいます。また、上越高校では、勉強だけでなく、体育祭やスポーツ大会などの学校生活をより有意義にする行事も行われています。
 これから高校に進学する皆さんも、ぜひ上越高校に入学し、上越高校で幅広い見識を見につけ、自分の目指す目標に向かって突き進んでください。

やりたいことが見つかる
吉田 海斗 (平成26年度卒業 室蘭工業大学)

 私は高校卒業後、大学に行きたいという希望を持って特進コースを選びました。しかし、何かを学びたいという夢はなくただ漠然と大学に行くということだけを考えていたため、普段の学習に身が入りませんでした。その様な私に先生方は幾度となく面談をしてくださり、ようやく何を学びたいか、どんな大学に進学したらよいかが分かってきました。3年からは受験に向け本格的に勉強を始め、たくさんの先生方から熱心な指導をしていただいた結果、国立大学に合格することができました。先生方には本当に感謝しています。是非、夢をもって、何事もやりきる覚悟でそれでいて楽しむ心も忘れずに、上越高校に入学してください。全力で進路を支援してくださる先生方が待っています。また、上越高校では地域と密接にかかわる行事がたくさんあります。その様な行事に参加することで学校生活をとても充実したものにできます。

人生つらい方を選べ
松木貴大(平成28年度卒業 上越消防事務組合)

 私は幼いころからの憧れであった消防士になる夢を叶えるために上越高校への進学を決めました。高校での3年間は部活と勉強にとても苦労しました。ですが、この3年間がなかったら間違いなく今の私はいないと思います。厳しい学校の規則や川田先生の教えが社会人となった今、私の大きな糧となり生活を支えてくれています。
 中学生の皆さん、人生を切り拓くのは君自身です。努力して夢を叶えるのも楽な道を選んで一生を終えるのも君次第です。一度きりの人生、夢の実現のために悔いの残さないように頑張ってみませんか?
 上越高校は、夢に向かって頑張る君を全力でサポートしてくれます。校舎も全面改築され学習環境も整っています。ぜひ、上越高校で充実した高校生活を送ってください。きっと、輝かしい未来が君を待っています。

上越で学ぶ
塚田圭亮(平成28年度卒業 S&Bガーリック食品(株))

 私が上越高校を選んだ理由は、川田監督の元で高校野球がしたいと思ったからです。野球部に入部して仲間と切磋琢磨し、技術面は勿論のこと、礼儀、言葉遣いなど、全てのことを、監督をはじめとする先輩方に教えて頂き、今こうして社会に出て活躍できているのだと思っています。上越高校の良い所は、設備の整った環境で、授業に集中して取り組めることと、生徒と真剣に向き合ってくれる先生がいるということです。私が就職活動で悩んだときも、就職担当の先生方が一緒に悩んで真剣に考えてくれました。そのおかげで第一志望の企業に内定を頂くことが出来ました。先生方には心から感謝しています。
 中学生の皆さん、上越高校は非常に環境が良く、学業・部活動に打ち込めます。野球部に入ろうか悩んでいる方、是非、上越高校野球部で技術と男を磨いてください。

上越高校でよかった
小嶋有紗(平成27年度卒業 新潟太陽誘電株式会社)

 私は、上越高校にバレーボール部があると聞き進学を決めました。入学してからの三年間はあっという間でした。そんな三年間のなかで、部活や学校生活を通してたくさんのことを学びました。社会に出るための礼儀や挨拶などたくさんのことを教えてもらいました。今、社会人になってそれらのことをしっかりと活かすことができています。
 部活を引退してから進路についてとても悩みました。やりたいことがなく、どうしていいかわからない時、担任の先生や進路指導の先生をはじめ、たくさんの先生方がサポートしてくれました。そのおかげで今の職に就けたと思います。
 上越高校には優しい先生がたくさんいます。悩んだ時など、自分のことのように話を聞いてくれて、しっかりとしたアドバイスをくれます。進路は本当に悩むと思います。悩んでいる中学生!ぜひ、上越高校に進学をしてください。きっと充実した三年間が待っています。そして、自分の夢を叶えてください!!!

上越高校を選んだ理由
大平駿弥(平成27年度卒業 信越化学工業株式会社)

 私が上越高校を選んだ理由は、上越高校で野球をしたいと思ったからです。野球部に三年間所属して活動をする中で、社会に出て恥ずかしくない礼儀や言葉遣い、物事に対する姿勢など、様々なことを監督や先輩から教えてもらいました。
 上越高校のいいところは、新しい校舎や、校舎内のコンビニエンスストアなど、とても過ごしやすいところです。そして進学、就職を全力でサポートしてくれる先生がいるところです。私が就職を考え悩んでいた時に、担任の先生、就職担当の先生が毎日面接練習に付き合ってくださいました。たくさんの先生方からサポートしていただいたおかげで第一希望だった信越化学から内定をいただくことができました。
 上越高校は確実に自分を成長させてくれる場所です。しかしすべては自分次第です。目標があればとても充実した三年間になると思います。どんなに小さなことでもいいので必ず目標を持って入学してください。

高校生活で学んだこと
上屋 理沙 (平成26年度卒業 合名会社 松風園)

 私は、三年間野球部のマネージャーをしていました。部活動を通じて、礼儀や回りを見て行動すること、そして、感謝の気持ちを常に持つことを学びました。
 いま、私はホールスタッフをしています。部活動で学んできたことを活かすことができ、部活動に入り沢山のことが学べてよかったと日々の仕事を通して感じています。上越高校に入学する皆さんも、ぜひ部活動に入り、たくさんのことを学び、充実した学校生活を送ってください。親身になって話を聞いて下さる先生ばかりで自分の夢が叶えられると思います。

自分の夢を叶える場所
田下 優輝 (平成26年度卒業 ホシノ工業株式会社)

 私は周りの人たちから、上越高校はわかりやすく丁寧に勉強を教えてもらえるという話を聞き上越高校を選びました。上越高校では勉強はもちろんのこと、社会に送り出すための礼儀など様々なことを教えてもらえます。また、年間の行事でも秋輝祭、体育祭など、楽しめる行事がたくさんあるというのも魅力的でした。
 入学してからは良い友達ともたくさんめぐり会えて、行事などでも協力し合い関係を深めることができました、最高な3年間を送ることができました。3年生になってからは、自分の特技を活かせる職に就きたいという思いがあり、製造職への就職を決めました。就職指導に関わってくれた先生方は自分のことのように熱心にサポートしてくれて、とても心強かったです。そのおかげで私は今の職に就くことができました。
 上越高校には、自分の夢を全力でサポートしてくれる先生方がたくさんいます。高校への進学で不安は大きいと思いますが、高校生活では楽しいことがたくさん待っています。高校進学で迷っている中学生の皆さん。ぜひ自分の夢を持って上越高校に進学してきてください。きっと充実した3年間を送ることができると思います。